長女の発達(学校への 行き渋り )/長女の漫画

学校への 行き渋り

 

初めの頃は、朝腹痛を訴えてからの欠席が多かったのですが

最近は前日から学校の事を考えると、イライラや悲しみで情緒不安定、

些細なことで怒り泣きし、朝起こしてからは準備が捗らない、のパターンが増えてきました。

休めると、ある程度元気を取り戻します。

 

頻繁に休むと、周りの目や勉強の遅れから、いっそう行くのがイヤにならないのかな、と思いますが、

今のところ一日充電日を設けて、翌日の活力にできている様です。

 

この間寂しそうに

「休み時間も遅れていた分の勉強をしないといけなかったりして辛い」

「友達もいないから遊ぶこともないし、することもないから、窓から元気そうな子を眺めたり、高い建物を眺めて過ごしてる」

と言っていて、それは楽しくないだろうなと思いました。

 

勉強は放課後残らなくていいように配慮してくださってる事もありますし、

そもそも皆より休んでいるので、その分をどこかでカバーする必要があることも、本人も分かっています。

 

なので「やらなければならない」と言う気持ちと

「どうしても頑張れない」気持ちの葛藤から

しょっ中イライラして怒っている様子が伺えます。

 

そんな中で、放課後等デイサービスの存在が長女の癒しになっている様で、

デイの日は学校にも頑張って行ける事が多くなりました。

長女の発達 放課後等デイサービス /学校のこと

 

本人も希望しているので、日数を増やしたいですが、

行った日はゆっくり楽しんでくるので、宿題が遅くなるだろうなと心配があります。

 

すると、またイライラし始めたり、負担になるかもしれないと思い、まだ踏みとどまっている状況です。

意向を汲んであげたいけれど、私があれこれ考えてしまうので、なかなか進まずにいます。

 

「なんでよ!」

優しいんだか遊んでるんだか、相変わらずの長女。

 

「お風呂鍋」

イヤイヤ期のお風呂拒否の日々から成長して

幼少期にお風呂拒否だった原因と対策

 

今はお風呂が大好きで、次女以上にずっと遊んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました